主婦でもキャッシングできるもん 総量規制

MENU

総量規制

 

総量規制という聞きなれない名前ですが法律の名前です。
2010年6月に貸金業法が改正されました。
改正された総量規制の内容とは

 

原則年収の3分の1までの借り入れとする

 

という内容です。
つまり収入がない主婦は借りることができないということです。

 

この法律が改正される前までは配偶者の収入が安定していれば借りることができていました。
ところが本人の年収という点で主婦ははじかれてしまい借りることが不可能になってしまったのです。

 

この法律が改正されたわけについては数年前は返済に苦しむ人が多く、多重債務者や自己破産者が後を絶ちませんでした。
そのためにお金を貸す条件を変えていったのです。

 

パートやアルバイトの人も借りることはできますが年収の3分の1までの借り入れとなると借り入れ額が限られてきます。

 

総量規制対象外

 

総量規制対象外と言ってその名のごとく対象に入らない機関もあるのです。
それは銀行カードローンです。

 

なぜ銀行カードローンは総量規制対象外なのでしょうか?
この総量規制という法律は貸金業法です。
貸金業法が適応されるのは消費者金融やクレジットジカードキャッシングなどです。

 

銀行カードローンは貸金業法が適応されないのです。
そのため銀行カードローンは総量規制対象外となるのです。

 

特に新生銀行カードローンレイクは元消費者金融だったのですが、総量規制下では営業が困難と判断し、貸金業者ではなく銀行カードローンとして今は融資を行っています。そのため、レイク審査では総量規制対象外となりますので、年収3分の1の規制はないのです。

 

多くの専業主婦は銀行カードローンでキャッシングを行っています。
もちろん配偶者の収入の安定が条件になります。
でも今の時代は足を運ばなくてもネットでいろいろ手続きができるところがうれしいですね。

 

必ずしも全部の銀行カードローンが総量規制対象外とは限らないので一度知らべてみるのもお勧めです。